姿勢を悪くする習慣

自分では気に留めていない日常の仕草の中に、姿勢が悪くなる原因が潜んでいます。
姿勢の乱れはやがて肩こりや腰痛に発展しますので、当てはまる項目がある人は意識してみましょう。

  このような習慣には気をつけましょう

デスクワーク

パソコンやテレビを眺めていると、気付かないうちに前かがみになっていることがあると思います。
頭だけが前に突き出しているこの姿勢は猫背の状態となっています。
特にパソコン業務の方は、長時間モニターを眺めていることが多いので癖になってしまうケースが多いです。定期的に体を伸ばすなどのストレッチやマッサージを取り入れることが大事です。

家事などの立ち仕事

長時間立ち作業を続けていると、次第に背筋や腹筋、下半身が疲れてくると思います。
すると、無意識のうちになるべく筋力を使わないように猫背になりがちです。
例えば、キッチンでの洗い物の場合、流しの高さが合わないようであれば高さの合うイスに座って作業するなど工夫をして上体を起こしましょう。
また、掃除機をかける時はホースを伸ばして前かがみにならないように意識するとよいです。

意識しすぎる姿勢

猫背になっていると感じた時や他人に指摘された時は、姿勢を正そうとして胸を反る人もいると思います。
しかしこれが逆効果で、胸を反ることによって猫背の一種である「まん中猫背」になってしまう可能性があります。
まん中猫背とは、胸椎のまん中が頂点となっている猫背のことで、胸やけや胃潰瘍などを招く場合があります。


普段何気なくやっている動作のひとつが、姿勢の悪化に繋がることがあります。気付かないうちにこのような姿勢になっているというのが厄介ですが、毎日意識することで正しい姿勢が身につくと思います。

奈良でヒーリング整体を行っている心整体院~空では、癒しを求めている方に人気のヒーリングと整体法を合わせた手技で、エネルギーの流れと体のお悩みやトラブルに心地よい刺激を与えます。
腰痛や肩こりでお悩みの方におすすめのボディケアは、手から伝わるヒーリングエネルギーによる癒しです。
整体とヒーリングのプロが、心と体をしっかり癒します。