整体後の反応(好転反応について)

治療後の反応について

 
好転反応は大きく分けて3つあります。
全く何もでない方もいらっしゃれば、順番に出てくる場合もあります。
 
                    
1、弛緩反応(しかん)・・・倦怠感(ダルい)・眠気
 
 整体を受け始めた初期に起こることが多く、体の硬直が弛む為に起こる反応です。
 
 起きていられないほどの眠気に襲われる場合もあります。


 

2、過敏反応(かびん)・・・痛み・発熱・寒気・動悸
 
治りきらずに固まってしまった古い故障などが、一時的に痛みだしたりすることがあります。
 
一見症状が悪化したように感じるかもしれませんが、感覚の鈍り(麻痺)が解消してくる過程で、一時的に過敏な状態を経過することが必要な場合があります。


 
3、排泄反応(はいせつ)・・下痢・大汗・鼻血・蕁麻疹・湿疹・色の濃い尿
 
体のあらゆる排泄機能が高まり、今までためこんでいた毒素などの排泄など体の大掃除がおこなわれます。
 
 
 
好転反応の期間は多くの方は1~3日で、もっと長くかかる方もいらっしゃいます。

お薬で反応を抑えてしまうと、せっかく体が良い方向へと変わっていくことを止めてしまうことになりますので、反応をお薬で抑えたりしないようにしてください。
 

 


ストップ薬.jpg

 

また反応が起こっている期間は、なるべく体を休めて冷やさないように気を付けてください。


もちろん、これらの反応は全ての方にあるわけではありません。
反応を経過せずに体が良くなっていく方も沢山いらっしゃいます。

 

しかし中には、新しい体に変わる為に好転反応を経過することが必要な方もいらっしゃいます。
好転反応を過ぎると、体は新しく生まれ変わると思っていてください。